ETCカードとクレジットカードの関係性

クレジットカードを選ぶ場合はポイント還元率が高い会社を選ぶことが多いです。

そして、その場合ETCカードも申し込み手続きをしておくといいですね。

無料で発行してもらえます。

発行費用が不要ですし、ポイント獲得もあるのでお得になります。

今回は【ETCカードとクレジットカードの関係性】について掘り起こしてみましょう。

ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行されます!ETCカードは利用者本人が申し込まないと発行できません。

まずはクレジットカードを持っていなければETCカードは発行されないのです。

日常生活でクレジットカードが必要になれば申し込みます。

その付随カードとしてETCカードがあるのです。

1枚のクレジットカードには1枚のETCカードという関係性になります。

クレジットカードとETCカードが1枚になった一体型もあるが……。

それほど利用している人は多くないようです。

ETCカードは高速道路だけでしか使えないです。

クレジットカードの中で高速道路の料金所をノンストップで通過する出先機関みたいな感じでETCカードがあると考えるとわかりやすいですね。

クレジットカードとETCカードは利用者の情報が紐付けされています。

1対1の関係があるので他人が利用することができません。

高速道路を使ったときの通行料金はETCカードとETC車載器を通じてETCレーンの料金所からETCシステムのサーバーに転送されます。

そして、クレジットカードの利用残高に加算される仕組みになっているのです。

高速道路でのETC利用率

高速で車を運転する時、入口でETC専用レーンを通っていく車も珍しくありませんがETCの利用率はどれくらいでしょうか?

もともと高速道路の渋滞緩和を目的として導入されたETCは、最近では車を購入した際付属するのが当たり前のようになってきました。

中にはETCカードを複数枚上手に使って高速料金をお得にしている達人もいらっしゃいます。

特に運送業など仕事で高速を使っている会社は当初不正使用等の問題があったものの、ETCカードで何時に利用したかなどの明細が判るようになったので不正使用もなくなり、無駄な経費がなくなったばかりではなく、時間帯や大口割引等でETCカードの恩恵を受けられるようになったので運送業に限ればほぼ100%に近い状況の利用率だと言えます。

この他、一般のドライバーも高速をよく利用している人を中心に利用率は高いです。

その理由の一つにクレジット払いという点があります。

現金を持っていなくても利用できる他、高速道路代として支払った利用額に応じてカードのポイントが貯まっていきます。

ポイント還元率が高いカードならポイントが貯まるのも早く、気が付いたら旅行ができる分くらい貯まっていたという事もあります。

さらにETCマイレージサービスに登録しておけば無料通行分が使えるポイントが貯まりまたまたお得になります。