ETCカードの追加発行

ETCカードを持っていても何かの都合で追加発行をしたいと思われる事があるでしょう。
例えば紛失してしまったとか
家族の分を作りたいとか
中には高速代を節約するためにカードを発行したいという方もいらっしゃいます。

そんな方は気を付けておかなければならない事もありますので確認しておきましょう。

まず、簡単な考えで追加発行してしまうのはよくありません。
カードによってはクレジット機能が一体になっているものもあるからです。

クレジット機能が付いているカードを車の中に置いていて置き引きなどに合った場合、気が付いた時には不正に買い物をされていたという事もよくあります。

できれば追加発行の際はクレジット機能が付いていないカードにしないと失くした時手続きも面倒になります。

ETCカードはカードの種類によって追加発行料金がかかるものとかからないものがあります。

追加発行料金はもちろん年会費が永年無料のカード等もあります。
年会費や追加発行料金は若干必要だけどポイントが貯まりやすいものとか、特典航空券に変えられる航空会社のマイレージが貯まるものなどがあります。
なので安易にカードを追加発行するのではなく、どのカードがいいのか考慮してみるのも重要です。

でも、人によっては仕事でよく高速を使うからスグにでもETCカードを追加したいという方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、インターネットで申し込んで即日発行できるカード等もありますので検討されてみてください。

◆関連リンク:ETCマイレージサービス/各種届出用紙

支払いが便利なETCカード

高速道路を利用される方でETCカードを持っていないという方の方が珍しくなってきましたが、ETCカードの利点の中に支払いが便利というのが圧倒的に多いです。

車が高速道路に入ると通常はカードを取り、降りる出口でカードを料金所で渡して計算してもらい現金を払いますが、このETCカードはクレジット会社などが発行しているので、ETCレーンを20km以下で通るだけで反応してカードに記憶される為料金の支払いやカードの受け取りなどが不要になります。

この為、料金所では数分かかる通行がETCでは数十秒ということになり渋滞緩和に役立っているのです。

特にゴールデンウイークやお盆、正月などに高速を利用される方の中にはETCがついているかどうかでかなり時間が違う事があります。

実家が遠く高速を使って帰省されるかたなどはETCを付けていると便利です。

また、カードがあるだけで割引になりますので時間も短縮でき更にお得です。

混雑する昼間を避け深夜などに高速を移動する際もETCが付いていると割引になります。

仕事等で高速を利用される方はほとんど付けていますが、特に会社の車等で高速利用する際はETCだと高速に入った時間や出た時間等もかんりできるので不正な使用を防止し経費節約になり支払いは月に1度まとめてという事も可能なので安心です。

今まで現金で管理していた時よりはかなり簡単に仕事のスケジュール等も管理できると好評です。

このように個人でも企業でもETCで便利になっているのです。